スポンサーリンク

選手批判は見るのが辛い…(4/7 千葉ロッテ)

痛恨のミスで負けとなってしまいました昨日から一夜。高部を擁護する声も多い中、井口監督のコメントを紹介。

【ロッテ】井口監督まさかのサヨナラ負けに「我々も理解できない。まぁ、チョンボですね」 - プロ野球 : 日刊スポーツ
まさかの結末で、ロッテの連勝は4で止まった。2-2の9回、無死一、三塁。8番宇佐見の打球は左翼線上へ高々と上がった。左翼の高部瑛斗外野手(24)が追い、一度フ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

我々も理解できないです。はい。まぁまぁ、ああいう、まぁ、チョンボですね。本当に、こういうことやってたら勝てないってことですかね

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204060001012.html

まぁ気持ちはわかる。ただ、あの状況になってしまったのはチーム全体の責任。あのミスを責めるだけではなく、もっと全体に目を向けた発言も欲しかったなぁと感じます。

投手起用、打者起用、打順、采配など、起用方法の工夫の余地もあったはず。それをあのミスで負けたかの様な発言は、少し見ていて辛くなりました。

まぁ確かに、高部も悪い。あれはプロとして捕るべきではあるし、しっかり反省して、次に生かして欲しいと思う。泣いても変わらない。だけど、当然わざとやっているわけじゃない。周りがフォローし、次の機会を与え、より成長させてあげる組織が良いなと感じます。

監督は、選手の好き嫌いもある様に見える。厳しい選手にはひたすら厳しい(まぁ期待の裏返しでもあると思うのですが)

まだまだこれから!みんな頑張れ!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
↑↑↑ランキング参加中です、よかったらクリックお願いします!↑↑↑ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

  1. ロッテ墓 より:

    仰る通り負けの原因は色々あり全体の反省をするのが指揮官な訳で。
    高部のも痛かったが起用や采配での猛省もしないと次からの戦いが心配です。
    安田、藤原、山口、池田、和田、高部、岡、藤岡、エチェなどを取っ替えひっかえ調子を探りながら競わせる。リリーフは上手く休みを入れながら使う。
    ゲレーロ2イニングや廣畑連投などブログ村読むと疑問多し、私も同感です。
    さてオリックス戦ですね、何とか勝ち越しましょう!

    • kichineko kichineko より:

      ご無沙汰してます!コメントありがとうございます!今年もよろしくお願いします!

      > 起用や采配での猛省もしないと次からの戦いが心配
      ほんとですよね。。。
      選手に対する発破や苦言はよく聞くものの、上記を聞くことは少ない印象。
      うまく回してくれている部分もあるとは思いつつ、試行錯誤をお願いしたいところですね。

      おっしゃる通り、まずはオリックス戦!
      去年の優勝争いを思い出しつつ、表ローテの3連戦!厳しい戦いにはなると思いますが、勝ち越し目指して応援していきましょう!!

タイトルとURLをコピーしました