スポンサーリンク

今季振り返り②(対戦成績編)

日本シリーズはヤクルトが3連勝。打線が沈黙のオリックスは崖っ淵へと立たされてしまいました。東京で決着がついてしまうのか、大阪に戻ることができるのか。もう一粘りして欲しいところ。

さて、今日の振り返りは、対戦成績編。どこに強く、どこに弱かったのかを振り返ってみたいと思います。

対戦成績

対戦相手戦績得点失点打率防御率
オリックス10勝10敗5分100100.2423.72
楽天15勝9敗1分10583.2633.01
ソフトバンク10勝12敗3分103121.2124.48
日ハム13勝7敗5分9785.2233.16
西武11勝10敗4分9498.2403.44
交流戦8勝9敗1分8583.2624.45

オリックスとは互角の戦い。ソフトバンクに負け越し。

オリックスには得点失点も含めて互角の戦い。終盤千葉での3連敗は痛かったところだが、大阪では2勝1分の3連戦もあり。シーズンでは譲らない戦いをしていました。昨年は圧倒した相手。今年は、杉本やT-岡田に痛いところで打たれたイメージがあります。

正直、山本由伸や宮城との対戦が少なく楽なローテーション。それでこの成績ということは、素直に戦えば勝てない相手。それがクライマックスシリーズも出てしまっていたように思います。

一方、2位の楽天には大きく勝ち越し。シーズン途中には10連勝も記録し、今年は一方的に勝つことができました。苦手な浅村が不調だったのが大きい。大地や島内にはよく打たれたが、結果的には勝ててました。

そして、ソフトバンクには負け越し。開幕直後の3連敗に始まり、終盤でも千賀の前に沈黙。来年はここを攻略しないと上にはいけないように思います。

下位相手にも苦戦。交流戦でも負け越しが痛い。

今年は苦手な西武相手に勝ち越し。それはよかった。しかし、日ハム相手に大事なところで勝てず。また交流戦も負け越したのが痛かった。

打線が打っても投手が打たれる、投手が抑えても打線が打てない。そんな噛み合わない戦いが多かったように思います。来年は、どちらも安定した底上げを見てみたいところです。


さて、ロッテはドラフト1位の松川くんと契約。秋季キャンプでは、加藤に井口と福浦が付きっきりで指導という状態だそうです。

なぜ加藤をそこまで重宝するのか…やはり青学出身だからでしょうか…

個人的には田村とかの方が気持ちが入っていて好きなんですが厳しいのかなぁ…来年の起用も見守っていきたいところです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
↑↑↑ランキング参加中です、よかったらクリックお願いします!↑↑↑ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました